svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

マックス・グレーフとユリウス・コンラッドによるデュオ“ラットグレイヴ”、最新作『Rock』リリース

「レコーディングの時はBlue Cheer, Black Sabbath, Frank Zappa, Jimi Hendrixといったヘビーな音楽も聴いていた。」

Mixmag Japan | 21 February 2020

グレン・アストロとのコラボレーションで名門〈Ninja Tune〉からアルバムリリースをしているマックス・グレーフとベーシストのユリウス・コンラッドによるデュオ、ラットグレイヴの最新作『Rock』が、サウス・ロンドンのジャズとハウスが疾走する猥雑な交差点にしてすでに高いプロップスを獲得している、カマール・ウィリアムスことヘンリー・ウー率いるロンドンの重要レーベル〈Black Focus〉より3月20日(金)にリリース決定。収録曲「Instant Toothpaste」「Theme From Metronome」が公開された。

フローティング・ポインツが見出した鬼才、ファンキンイーブン率いる〈Apron Records〉からリリースし、高評価を得たデビューアルバム『Ratgrave』に続く今作は、2人のマルチプレイヤーが80年代のファンク、ソウル、ロック、そしてエレクトロニックミュージックからの影響を現代の感覚をもって昇華したサウンドとなっている。時にまだ見ぬマップ・オブ・アフリカの新譜を聴いているような、時にスライ&ロビーとパット・メセニーが人力ハウスを披露したら? など音楽好きにはたまらない甘い妄想へと誘う快作だ。

『Rock』は異なる音楽のジャンルから感じ取ったエネルギーやヴァイブスの本質を捉えて表現したものだ。好きなものを全て繋げて出来たものっていう感じだね。アルバムをレコーディングしているときは常にその事を意識していたよ。生々しくて荒々しいジャズ・ロックのエネルギーも入っているし、たくさんのビデオゲームの要素も入ってる、ギターポップやサイケデリックな音楽の影響もある。レコーディングの時はBlue Cheer, Black Sabbath, Frank Zappa, Jimi Hendrixといったヘビーな音楽も聴いていた。そして、作曲をしている時に静かな曲の中でもそういったヘビーな音楽の影響がいかに大きかということに気付かされた。だから、P-Funkやスピリチュアル・ジャズ、そして色んなポップ・ミュージックなどが入ったアルバムだけど『Rock』というタイトルが相応しいと思ったんだ。- Ratgrave

リリース情報

Ratgrave『Rock』
2020.3.20 on sale

JordanRakei label:Black Focus / Beat Records
CD / Digital

【 tracklisting】
1. Escobar
2. Theme From Metronome
3. World Aid
4. Instant Toothpaste
5. Eternal Breeze
6. Yurok
7. 4 Benz
8. Dibidai
9. Rock
10. Bleeding To Death
11. Sturf
12. Alright
13. Mutti Hat Gekocht

【Vinyl tracklisting】
Side A
A1. Escobar
A2. Theme From Metronome
A3. World Aid
A4. Instant Toothpaste
A5. Eternal Breeze
A6. Yurok
A7. 4 Benz

Side B
B1. Dibidai
B2. Rock
B3. Bleeding To Death
B4. Sturf
B5. Alright
B6. Mutti Hat Gekocht

<詳細はこちら>
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10865

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!