svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ロス・フロム・フレンズ、〈Brainfeeder〉よりダンスフロアに向けた新たなEP『Epiphany』リリース決定!

収録曲「The Revolution」が先行解禁された。

Mixmag Japan | 24 July 2019

ヒップホップのサンプリングカルチャーから80年代ユーロビート、ハイエナジー、イタロディスコに至る様々な影響を受けた若きプロデューサー、ロス・フロム・フレンズことフェリックス・クラリー・ウェザオールがフライング・ロータス率いる〈Brainfeeder〉より、新たなEP『Epiphany』を8月にリリース! 収録曲「The Revolution」が先行解禁された。

「The Revolution」はこちら
https://found.ee/VQy7

デビュー作、『Family Portrait』は彼の両親に深く関係した作品であったが、今回のEPは彼が「僕がもっとも重要だと思うロールモデルのうちの一人だ」と説明する実の姉へのオマージュとして制作された。(曲名は彼の姉 Epiphany からとられている)また、アートワークは伝説的なプロスケートボーダーであり、実業家、アーティストでもあるチャド・マスカによるものだ。

今回の12インチはデビュー作『Family Portrait』の後にレコーディングされ、彼の頭の中にあるダンスフロアに向けて作られた。「ようやく窓のあるスタジオに移れた。木工作業、DIYにハマって、家具もたくさん作ったよ」と語るように、新しいスタジオに移ったことで彼の音楽制作に対するプロセスに新たなアプローチをもたらしたようだ。「いつも一歩引いて、一般的な感覚で曲の構造を考えたいと思っているんだ。特に、’Phantom Ratio’ を制作したときはクラブでプレイできるようにする為にたくさん時間を割いた。ちょっと変わったクラブトラックを作ろうとチャレンジした。」

また、SF映画からインスピレーションを受けたというタイトルトラックに関しては、彼は次のように語った。「僕は13F、マトリックス、フィフス・エレメントというようなSF映画をたくさん観てたんだ。物質的に、そして社会的にも荒廃した場所が革命によってユートピアになるっていうアイデアを反映させようと思ってトラックを作った。」

待望のEP『Epiphany』はデジタル、12インチで8月16日にリリース!

リリース情報

Ross From Friends『Ephiphany』
8月16日(金)ON SALE

Epiphany label: BRAINFEEDER

[TRACKLISTING] A1. Epiphany
A2. The Revolution
B1. Phantom Ratio

<詳細はこちら>
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10402

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!