svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

(サンディー)・アレックス・G、最新作『House of Sugar』よりZev Magasisが監督を務めた「Bad Man」MV公開

Zev Magasisは、最新作収録の「Gretel」、「In My Arms」のMVも同じく担当している。

Mixmag Japan | 27 January 2020

Photo credit: Tonje Thilesen

フランク・オーシャンからも絶賛され、ボン・イヴェールやエリオット・スミス好き必聴の若きシンガーソングライター、(サンディー)・アレックス・Gが発売中の最新アルバム『House of Sugar』より「Bad Man」のMVを公開した。

今回公開されたビデオの音源はアルバムに収録されている「Bad Man」をアレンジした、特別バージョンとなっている。カントリーとエレクトロニックの要素がミックスされ、爽やかなリズムが心地よいオリジナルと、ピアノやストリングスの音色がプラスされ、よりメロディーや感情にフォーカスされた今回のビデオバージョ ン。2つの音をぜひ聴き比べてみてほしい。今作で監督を務めたZev Magasisは、最新作収録の「Gretel」、「In My Arms」のMVも同じく担当している。

 

 

 

デビュー前から7枚にも及ぶアルバムと複数のEPやシングルをBandcamp上で公開し、口コミをきっかけに高い評価を受けると、若干21歳ながらフランク・オーシャンにその才能を認められ『Blonde』『Endless』に参加。その後もワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(OPN)の作品にもゲスト・ボーカルとして参加するなど、一線で活躍するアーティストたちからの信頼を築いている。〈Domino〉から2017年にリリースされたアルバム『Rocket』に続き、2019年9月に発売された最新作『House of Sugar』もPitchforkでBest New Albumを獲得し賞賛を集め、今最も注目すべきアメリカ・ペンシルベニア州出身のシンガーソングライター、(サンディー)・アレックス・G。

好評発売中の『House of Sugar』国内盤CDには、デラックス盤LPに収録の3曲がボーナストラックとして追加収録。本作に収録されている楽曲の多くは2017年秋ごろから制作され、これまでにないほど綿密に時間をかけて作り上げられた結果、キャリアを通じて最も内容の濃いアルバムが出来上がっている。前作『Rocket』や2015年リリースの『Beach Music』にもミックスで参加したアンノウン・モータル・オーケストラのベーシスト、ジェイク・ポートレートが今回もミックスで参加し、(サンディー)・アレックス・Gの多面性のある重厚な世界観を見事に再現している。

リリース情報

(Sandy) Alex G『House of Sugar』
NOW ON SALE

label: Domino / Beat Records
price: ¥2,200+tax
国内盤特典
ボーナストラック3曲追加収録 / 解説・歌詞対訳冊子封入

【TRACKLISTING】
01. Walk Away
02. Hope
03. Southern Sky
04. Gretel
05. Taking
06. Near
07. Project 2
08. Bad Man
09. Sugar
10. In My Arms
11. Cow
12. Crime
13. SugarHouse (Live)
14.Gretel (Solo)*
15.SugarHouse (Solo)*
16.Fell (Live at The Headroom)*
*(Bonus track for Japan)

<詳細はこちら>
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10405

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!