svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

「#SaveOurLife」、引き続き署名活動中

先日提出された「#SaveOurSpace」とは別の署名活動

Mixmag Japan | 25 April 2020

#SaveOurSpace, #SaveOurLife, mixmag

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止に伴い、様々な文化施設・飲食店が営業を自粛せざるを得ない状況が続いている。そんな現状を踏まえ、DJ NOBUやスガナミユウ(LIVE HAUS)らが発起人となり、営業停止を行う文化施設に対する国による助成金を求める団体「#SaveOurSpace」を立ち上げた。その結果、各界から多くの賛同の声が上がり、3月27日正午までに302,536筆の署名が集まった。4月1日には政府与野党協議会へ出席する各議員へ署名・要望書を提出し、議員と正式な話し合いの場を設けることに成功している。30万を超える署名は、無意味ではなかった。

そして今回新たに立ち上がった署名活動が、「#SaveOurLife」である。ここで重要なのが、この活動は先述の「#SaveOurSpace」とは異なるものだということ。前回までの文化施設を主とした署名から、今回は裾野を広げて、空間を要するすべての仕事、お店、従業員、それに関わるすべてのフリーランスへの助成を求める呼びかけである。つまり、前回賛同下さった方の中でまた新たに署名をいただける場合は、改めてサインする必要がある。

たとえば飛行機が落ちたとして、その責任は偶然乗り合わせた乗客にはない。意図せず不利益を被った場合は、それ相応の補償を受けられるべきだ。コロナウイルスの騒動によって大変な目にあっているならば、俺もお前も大五郎も、みんな等しく声を上げ、そしてそれは等しく認められるべきである。署名は4月27日まで。

詳細はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!