svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

SEKITOVAがフロアユースな最新EP『Omi』をリリース

5月22日よりデジタル配信開始。また同日、CIRCUS OSAKAよりライヴ配信を行う。

Mixmag Japan | 22 May 2020

 SEKITOVAが、最新EPOmi』を、自身が手がけるレーベル〈ZAMSTAK〉よりリリース。522日(金)よりデジタル配信がスタートする。今作は、DJとしての側面にフォーカスをあてたフロアユースな楽曲シリーズを展開する〈Dance Giggling Dance〉の第一弾としてリリースされ、オリジナルトラックに加え、2つのリミックスと計3トラックを収録。グルーヴ感溢れる心地よいハウス・サウンドを届けてくれる。またリリースに併せ、522日(金)21時よりCIRCUS OSAKA協力の下、DJライヴを配信とのことだ。

—————————————————————————————————————————

<リリース情報>
SEKITOVA
Omi – Dance Giggling Dance vol.1
ZAMSTAK
2020522日デジタル配信リリース

デジタルリンクはこちら
https://ultravybe.lnk.to/dancegiggling

収録曲
01 : Omi (Original Mix)
02 : Omi (Torei Remix)
03 : Omi (blackglassG Remix)

DJライヴストーミング配信情報>
CIRCUS  OSAKA-  SEKITOVA DJ live stream
日時:2020年5月22() 21:00~23:00
配信リンク:
https://www.twitch.tv/circus
https://circus-osaka.com/event/sekitova-dj-live-stream

 

Message from SEKITOVA

最新EPOmi』について
「有象無象問わずそこに存在する全てと溶け合うような、なにもかもから開放された祝祭的な場での光景が人生のなかできらきらと輝いています。
ダンスフロアでの経験はもとより、幼少期からのそういったハイライトには常にえも言われぬ情動がありながらすこし可笑しく、魔法にかけられたとしか思えない瞬間でした。
この曲がまだ作りかけだった頃、ある小規模な野外フェスティバルで試しにプレイしてみたら、漠然としたそのイメージと目の前の光景がぴったりと一致しました。自分の日常とダンスフロアが一本の線になって、そしてそのまま青空に抜けていった感覚が忘れられません。
現在では新型コロナウィルスの流行により、人々のフィジカルな融和はまた違った意味で羨望される空間になってしまいましたが、この楽曲が込めた呪文がみなさんのオンライン上の壁を取り払うものになれば嬉しいです」

Remixについて
「今回のremixはこの楽曲が持つイメージをそれぞれの解釈で押し広げてくれそうな2人にお願いしました。
どちらも同世代でありながら素晴らしいスキルとヴィジョンの持ち主です。Torei Remixはアイコニックなサイケデリックさやミステリアスな雰囲気をまといつつも、Mixやプレイリストの中でここから沢山のストーリーへ分岐していける可能性を持っています。
blackglassG Remixは言わずもがなウォーミーでハッピー、そしてダンスの歓びにあふれた一曲で、万全の状態でこの曲がプレイされる時、確実に記憶に焼きつく特別な日になるでしょう」

<プロフィール>
SEKITOVA
大阪、1995年元旦生まれのDJ/Producer。生まれる前からJoey BeltramDave Angelを胎教に、様々なエレクトロニックミュージックに触れ合ってきた文字通りの第二世代。テクノ以外にも様々な音楽に影響を受け、「テクノはジャンルではなくそれと向き合う姿勢のこと」を胸に、時に細々としたジャンルの壁を越えていく事もいとわないストーリー重視のDJ2013年、「BIG BEACH FESTIVAL ’13」のメインステージへの出演を皮切りにageHaのモンスターテクノパーティ「CLASH」へも度々招集され、2014年には自身の初オーガナイズパーティと連動する形で宇川直宏の主宰する「DOMMUNE」にて3時間SEKITOVA ONLY番組もオンエアされ話題に。2016年、Clubberria Podcastに提供したmixCB 276」ではその世界観の一片を垣間みることができると好評を博す。その他「ULTRA JAPAN’14 ’16」「WIRED CLASH」「EDC’17」「Boiler Room」などへ出演。地元大阪でもClub Jouleにて「TESLA」を主宰しLicaxxxとのツーマンパーティは好評を呼んだ。
トラックメイクの方では2012125日に初アルバム「premature moon and the shooting star」を自主レーベルよりリリースすると、砂原好徳やDJ SODEYAMAらを皮切りに数々のトップアーティストから支持される。iTunes Storeではエレクトロニック部門でトップ10入りを果たし、ミュージックマガジンが選ぶ2013年ベストチャートのテクノ・ハウス・ブレイクビーツ部門で6位入選。これが制作面でのキャリアの船出となり、その後リリースした楽曲は軒並みチャートインを記録する。2015年はセイコーウォッチ社のプライベートブランド、GALANTE10周年記念キャンペーンで音楽をプロデュースすると、森高千里をフィーチャーしたオリジナルトラック「Foetus Traum」を寺田創一「百見顔」とのスプリットでリリース。2017年には「Kyoto Metro」での石野卓球とのツーマンパーティに併せて「Takkyu Ishino – Lunatique (SEKITOVA Remix)」をSoundcloudにて発表。その翌週にはANIMAL HACKの楽曲「Moment」のRemixが発表されると、アルバムチャート最高13位にランクインした。2018年は2年ぶりとなるオリジナルシングル「Escape」とBOOM BOOM SATELITESの中野雅之が手がけるシンガー、XAIの楽曲であり2017年に公開の映画「GODZILLA 怪獣惑星」のテーマソングでもある「White Out」のRemixを立て続けにリリース。エレキング編集長の野田努からは「日本クラブ文化の未来の明るい星」と評されるなど、すでにシーンにおいてかかせないパーツの1人となっている。

Official HP
https://sekitova.net

Twitter
https://twitter.com/SEKITOVA

Instagram
https://www.instagram.com/sekitova

SoundCloud
https://soundcloud.com/sekitova

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!