svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

Simple Symmetryのデビューアルバム『SORRY! WE DID SOMETHING WRONG』が5月21日にリリース!

リプスキー兄弟によって再構築されたオールドスクールなグルーヴ

Mixmag Japan | 4 May 2021

長い時間をかけて作られたレコードは、複雑で自己中心的なサウンドになる場合がある。しかし、5月21日にリリースされるSimple Symmetryのデビュー作『SORRY! WE DID SOMETHING WRONG』は、制作に3年を要したにも関らず、とても愉快な内容に仕上がった。

モスクワを拠点とするSimple Symmetryことリプスキー兄弟(サーシャとセルゲイ)は、彼らが得意とするダンスミュージックを一時的に捨て、オールドスクールなグッドヴァイブスな音を多数収集し、そこに新たな命とカラーを吹き込んだ。フルート、チェロをはじめとするパーカッション、シンセサイザー、シタール、ギターなど、普遍的なポップサウンドを採用したことにより、親しみやすく、この不確かな時代に明るく楽しいアルバムが完成した。

ハンドベル、フルート、チェンバロの美しい音色に、エキセントリックなボーカルが重なる「End Of Day」はビーチ・ボーイズを彷彿させ、60年代や70年代前半のグルーヴやリリックを用いたヒッピーディッピーなトラックがユニークな「Che Che」、「I Must Not Fear」のようなフロアフィラーな曲や「Koko the Gorilla」は、最もシンプルで甘いメロディーラインを踏みしめ、奇妙なボーカルサンプルやコミカルな叫びを投げかけている。

Simple Symmetryは、同作において「ロシア、イスラエル、ドイツ、イギリス、ブラジル、アメリカなど、私たちが愛し、尊敬する世界中のアーティストたちと多くのコラボレーションしている」と言う通り、彼らの盟友であるPetr Chinavatがゲストボーカルとして参加した「Octopus」も含まれている。

カラフルでユニークなサウンドが詰まった『SORRY! WE DID SOMETHING WRONG』は、リプスキー兄弟によって再構築された古き良きグルーヴを何度も探求したくなるアルバムだ。


■ Simple Symmetry 『SORRY! WE DID SOMETHING WRONG』
Release Date: 2021.05.21
Tracklist:
1. END OF DAYS
2. OUT OF BODY EXPERIENCE
3. CHE CHE
4. I MUST NOT FEAR
5. OCTOPUS
6. THE ‘YES’ TUNE
7. OH LORD
8. SIM SIM SIM
9. KOKO THE GORILLA
10. WHAT A RELIEF
<リリースURL>
https://ffm.to/ne001

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!