svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

スクエアプッシャー、真鍋大度が監督した東京が舞台のMVの裏側を明かす特設ページ公開

「かなり近い将来、デバイスを装着して街中を歩きながら今回のMVと同じように広告を自由に書き換える体験が出来るなと思いワクワクしています」

Mixmag Japan | 28 February 2020

真鍋大度(Rhizomatiks)が監督を務め、超近未来の東京を舞台にした破壊的映像が大きな話題となったスクエアプッシャーのMV「Terminal Slam」の制作の裏側を明かす特設ページが公開された。

街の中に存在する広告を全て消去、もしくはスクエアプッシャー由来の広告に入れ替えるという試みが、どのようなプロセスで映像化されたのかを明かす内容となっている。

常に新しい響きと新たな試みを求め、リスナーに驚きと衝撃を与え続けている唯一無二のアーティスト、スクエアプッシャー。4月には最新作『Be Up A Hello』をひっさげ、度肝を抜く圧巻の照明&映像演出を含む最新ライブセットで来日する。

遠い未来ではなく近い未来を現代の技術を駆使して実装しよう、というところからアイディアが始まり、近未来の広告をテーマに議論して制作しました。最後の最後までSquarepusher本人にたくさんの細かいフィードバックをもらいながら映像表現を調整しました。彼のグリッチやインタラクションに対するクリエイティブなこだわりをチーム全体で享受でき、非常にエキサイティングな制作でした。また今回、撮影した動画の中に含まれる人やオブジェクト、広告を、AIを駆使して自動認識させ、それらを現実から消去したり、広告を別のものに置き換えるなどの処理をしています。かなり近い将来、デバイスを装着して街中を歩きながら今回のMVと同じように広告を自由に書き換える体験が出来るなと思いワクワクしています。
ー 真鍋大度 (Rhizomatiks)

イベント情報

Squarepusher来日公演

2020年4月1日(水)名古屋 CLUB QUATTRO
2020年4月2日(木)梅田 CLUB QUATTRO
2020年4月3日(金)新木場 STUDIO COAST

OPEN 18:00/START 19:00
TICKETS :ADV ¥7,000+1D
※未就学児童入場不可

【チケット情報】
一般発売中!
名古屋:イープラス、チケットぴあ (Pコード:176-074)、LAWSON (Lコード:42831)、LINE TICKET、BEATINK、クアトロ店頭 他
大阪:イープラス、チケットぴあ (Pコード:175-878)、LAWSON (Lコード:53383) 他
東京:イープラス、チケットぴあ、LAWSON (Lコード:73049)、BEATINK、GAN-BAN店頭 他

<詳細はこちら>
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10760

リリース情報

Squarepusher『Be Up A Hello』
2020.01.31(FRI)ON SALE

label: Warp Records / Beat Records
国内盤CD4 ¥2,200+税
国内盤CD+Tシャツ ¥5,500+税

国内盤特典:ボーナストラック追加収録/解説書封入/ボーナスDLカード封入
(Tシャツセットには限定ボーナストラックDLカードも封入)

<詳細はこちら>
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10684

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!