svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

スクエアプッシャー、最新作『BE UP A HELLO』収録の先行シングル「Vortrack」に隠れボーナストラックが…!

アルバムと同時発売されるオリジナルTシャツ付セットにも別のダウンロード・ボーナストラックが追加されることが決定。

Mixmag Japan | 9 December 2019

〈Warp Records〉30周年記念イベント<WXAXRXP DJS>では、狂気じみたパフォーマンスで話題を集め、その後5年ぶりとなる最新作『Be Up A Hello』(2020年1月31日発売)のリリースも発表し、ファンを喜ばせたスクエアプッシャー。そのアルバムに先駆けて先週リリースされた12インチシングル「Vortrack」に封入されたダウンロードカードから、表題曲「Vortrack」と自らリミックスした「Vortrack (Fracture Remix)」の他に、ボーナストラック「Vicsynth1.3 Test Track 1」が入手できることが明らかとなった。

さらに、アルバムと同時発売されるオリジナルTシャツ付セットにも別のダウンロード・ボーナストラックが追加されることが決定。90年代のアナログ機材が多用されたという最新アルバム『Be Up A Hello』の制作中、様々なアイデアを試み、様々な形でファンに届けようとするトム・ジェンキンソンの積極的な姿勢が垣間見られる。

エレクトロニック・ミュージックに目覚めた当時の思いや記憶を綴った日記のようでもありつつ、直感と初期衝動に従って一気に完成させ、強烈で、スピーディで、目まぐるしくて、刺激的で、先の予測のつかない、これぞスクエアプッシャーと言える内容となった最新アルバム『Be Up A Hello』は、2020年1月31日(金) 発売。国内盤にはボーナストラックが追加収録され、解説書が封入させる。また数量限定でオリジナルTシャツ付セットも発売決定!Tシャツセットに付属されるダウンロードカードからは、CDに収録された音源とは異なるボーナストラックがダウンロードできる。

自分がエレクトロニック・ミュージックを書き始めた頃、つまり90年代に自分が使っていた、そういう機材を使って新作を作りたいと思った。とにかくやりたかったのは、何かに取り組み、仕上げ、そして次に進む、ということ。今回のアルバムは直球で、インパクトに満ちた響きにしたかったんだ。
– SQUAREPUSHER

リリース情報

Squarepusher『Vortrack』
NOW ON SALE

 

Vortracks label: Warp Records
輸入盤12inch

<詳細はこちら>
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10683

Squarepusher『Be Up A Hello』
2020.01.31(FRI)ON SALE

label: Warp Records / Beat Records
国内盤CD BRC-624 ¥2,200+税
国内盤CD+Tシャツ BRC-624T ¥5,500+税
国内盤特典:ボーナストラック追加収録/解説書封入

<詳細はこちら>
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10684

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!