svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

大手ストリーミングサービス各社がアーティストに提示する「史上最低の報酬額」

英国では競争監視委員会(公正取引委員会)の調査が実施されることに…

Mixmag Japan | 25 October 2021

ストリーミング, ストリーミング 利益, mixmag

Apple Music、Spotify、Amazon、Google、Pandoraといった世界最大級の音楽ストリーミングサービスが、2023年から2027年までの間にソングライターが得るべき報酬を提案した。しかしこの提案は、これまでのストリーミングサービスの歴史の中で最も廉価なものであると予想されている。まだアーティストの収益が公表されていないにもかかわらず、各企業は不均衡なロイヤリティを要求しているのだ。

これは先週、ストリーミング各社は米国の著作権使用料委員会(CRB)に書類を提出し、2年ごとに行われるソングライターの新しい収益率を提案したことで明らかになったものである。全米音楽出版社協会(NMPA)のCEOであるDavid Israeliteは、Music Business Worldwideに対してこう語る。「自分たちが頼っているクリエイターをどれだけ大切にしていないかを証明するものであり、この提案が認可されれば、最も重要な事態に繋がる可能性がある。私たちはストリーミング各社がソングライターに支払う金額を大幅に引き上げるために抗議してゆく」。

なおSpotifyは、英国の大手レーベルと共に英国の競争監視局による調査を受けることになった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!