svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

Technics「史上最もプレミアムなターンテーブル」SP-10を復刻

オーディオ・マニアに吉報…しかしそのお値段は?

Mixmag Japan | 7 September 2017

Technicsは、「史上最もプレミアムなターンテーブル」と評されるオーディオ・マニア向けのターンテーブル、SP-10の再販を発表した。

IFA 2017で発表されたターンテーブルは、リファレンス・クラスSP-10Rと呼称され、もともと初のプロ向けダイレクト・ドライブ・ターンテーブルだったオリジナルをアップデートする。

Technicsのアナログとデジタルの技術を融合させたSP-10Rは、真鍮とゴムとアルミニウムからなるプラッターで、世界最高の回転安定性を提供するとのこと。更新されたコアレス・ダイレクト・ドライブ・モーターが内蔵され、SL-1200GRよりもハイパワー、かつ、プラッターから切り離された電源を持つことにより、ノイズや振動を抑えている。

SP-10RはTechnics SL-1200G、そのリミテッド・エディションのSL-1200GAE、そして廉価版のSL-1200GRのリリースからなるTechnicsの復活に続くニュースだ。SP-10Rの価格は未発表だが、気軽に手を出せる価格帯ではないと想像しておいて間違いはないだろう。

SP-10Rの写真は上のギャラリーから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!