svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

The Prodigy、キース・フリントの死を自殺と認める。

リアム・ハウレット「俺自身、相当まいっている」

Mixmag Japan | 4 March 2019

the prodigy, the prodigy keith, mixmag

イギリス時間の3月4日の朝、The Prodigyのフロントマン、キース・フリントの逝去が伝えられた。

バンドのメンバーであるリアム・ハウレットは、SNS上でフリントが自殺であったことを明らかにした。以下、The Prodigyの公式インスタグラムより。

「ニュースは本当だ。今も自分で言っていることが信じられないが、キースは週末に自ら命を絶ってしまった。俺自身本当にまいっているし、怒りもある。混乱もしているし、胸が張り裂けそうだ。…兄弟、今はどうか安らかに。 ― リアム」。

キース・フリントはThe Prodigyのヴォーカリストとして多大な功績を残し、「Firestarter」や「Breathe」のようなヒットチューンは彼無しでは成立しなかった。どちらも90年代を代表するナンバーである。

The Prodigy – 『Firestarter』

49歳、あまりに早すぎる死である。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!