svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

WRACKが「TYO GQOM」を母体としたレーベル〈USI KUVO Records〉からEPをリリース!

リミキサーにはUSI KUVOよりKΣITO、DJ MORO、そしてレーベルとも親交が深いIndus Bonzeが参加

Mixmag Japan | 3 February 2021

WRACK, WRACK TYO GQOM, mixmag

これまでにメキシコの〈NAAFI〉や香港の〈Absurd TRAX〉などからリリースしてきた、東京を拠点に活動するWRACKの最新EP『Narimasu』がTYO GQOM主宰のUSI KUVOより2月5日のBandcamp Fridayに合わせてリリース決定。Narimasu (成増)とは、WRACKとレーベル創立者KΣITOの地元である。このEPは2020年9月、WRACKが活動拠点を成増に戻し自身のルーツと向き合い制作された。また、WRACKが日本のレーベルよりリリースするのは今回が初めてである。リミキサーにはUSI KUVOよりKΣITO、DJ MORO、そしてレーベルとも親交が深いIndus Bonzeが参加している。


■ WARCK 『Narimasu EP』
2021.02.05 (Fri.)
Label:USI KUVO Records
Mastering:WRACK
Artwork:Hiro “BINGO” Watanabe
Photo : Toshimura
-リリースURL-
https://usikuvo.bandcamp.com/album/narimasu-ep

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!