svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

YouTubeは見た! 視聴回数から見た2018年度イビザDJの人気順

カルヴィン・ハリスやCamelPhatなど、今シーズン最も視聴回数の多かったアーティストを紹介

Mixmag Japan | 5 October 2018

イビザの2018年シーズンもいよいよ終わり…そんな季節に、今シーズン、同島でプレイしたアーティストの中から、最もストリーム回数の多かったアーティスト15人をYouTubeが明らかにした。

リストは、本年5月から9月までの視聴回数を元に作成された。トップは、スペインのスター、Juan Magán、そこにCalvin HarrisやDavid Guetta、Danny Ocean、Martin Garixが続いた。

Magánが首位の座に君臨したのは、少々驚きだ。同アーティストによるYouTubeでの最大のヒット作は、12ヶ月で約1億ビューを獲得しているものの、これは、他のトップ5アーティストによるイビザ・シーズン中にストリームされたヒット曲のどれと比べても少ない数字なのだ。

同チャートでは3位に甘んじたDavid Guettaだが、単独ビデオの12ヶ月間の視聴回数では、彼の「2U ft. Justin Beiber」が3.74億ビューを獲得して1位だ。

一方、Martin Garrixは「Ocean」で1.55億ビュー獲得している。

今夏、最も再生された15人のアーティストたち(5月〜9月):

Juan Magán
Calvin Harris
David Guetta
Danny Ocean
Martin Garrix
The Chainsmokers
Kygo
Alan Walker
Rudimental
Steve Aoki
Gianluca Vacchi
Jonas Blue
Armin van Buuren
Mark Ronson
CamelPhat

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!