svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

SPECIAL

The Culture Clash:Young-Gがタイに惹かれる理由【Interview】Parrt.2

知れば知るほどのめり込む、タイのヒップホップを通じて知ったモーラム、ルークトゥン、そしてサイヨー。

Mixmag Japan | 18 March 2020

タイでいろいろな音楽の要素を
取り入れて出来たのが、ルークトゥン

―「OMK」に行ってDJを聴いていると、タイの音楽には独特なグルーヴがあるなと感じます。

Young-G:ルークトゥンは、アメリカにおけるファンクだと、自分は理解しているんですけど、アメリカも多民族国家のカルチャーがクロスオーバーして、ロックとかブルースが混じって変化してファンクが生まれたじゃないですか。それはルークトゥンと一緒だと思っていて、タイでいろいろな音楽の要素を取り入れて出来たのがルークトゥンなんですよ。世界中からソウルだったり、ファンクだったり、ディスコだったりを飲み込んでいるのがルークトゥン。だからヒップホップに使えるんです。

―ところで「OMK(ワン・メコン)」とはどういう意味なのでしょうか。

Young-G:One Mekong(=ひとつのメコン川)からきているんです。メコン川周辺の代表的な曲でラオスの古い民謡「サラワン」という、今の国境ができる前からその地域で歌い続けられた曲があるんですけど、タイの国民的なモーラム歌手のアンカナーン・クンチャイにも、自分が日本へ呼んだカンボジアのヒップホップ・クルーKlapYaHandzにも、さらにはJoey Boyも「サラワン」って曲があるんです。「サラワン」とは、ラオスの地名で、ラオスの民謡なんですけど、それをいろいろな人たちが、国境やジャンル、時代をまたいで歌っているってことに衝撃を受けて。それってすごくないですか?

―島国の日本にはない大陸文化ですね。「サラワン」を伝承していこうという熱さを感じますね。

Young-G:歌詞はすごく簡単なんですよ。「サラワン」っていう踊りがあって、「腰を低く踊ろう」ってことなんですけど、それってアメリカだと、「Get Down, Get Down」ってことなんですよね。民謡時代からずっと始まっていて、腰でリズムをとって踊れってことなんですよ。 Joey Boyが「サラワン」を出したのは、2000年前半なんですけど、ミュージックビデオで腰を落として、みんなめっちゃ踊ってるんです(笑)。この現象はもう「ワン・メコン」としか言いようがないなって。メコン川沿いのこういう文化を俺たちが知ってしまった以上、伝えていかないとと思って「ワン・メコン(OMK)」を始めたんです。
*以下は各国のサラワンを紹介。

〈各国のサラワン〉

タイ:アンカナーン・クンチャイ

ラオス:フランス気鋭レーベル<Akuphon>よりリリースの現地録音

カンボジア:KLAPYAHANDZのSrey Leak

タイのヒップホップ文化には
「サバイ」「マイペンライ」が重要

―昔からある、オリジナルを大切にしていますね。


Young-G:あとはタイの音楽は、他の国に憧れていない傾向はあるかもしれませんね。欧米に比べたら録音環境も悪いからレコーディングが粗いんですけど、日本人だと気になってしまうところも、タイの人は、「音は悪いかもしれないけど、タイで作られた音楽だから」と、そこにちゃんとプライドを持っている。それって、アメリカにおける黒人もそうだと思います。かつては社会の中でひどい扱いを受けてきたけど、ヒップホップを生んで、俺たちの音楽だってアフリカのルーツも取り込んで、今は世界的に認められている。それと同じようなプライドを、タイの人たちにも感じることがありますね。


—それと、自国産の音楽をさまざまなシチュエーションで生み続けている感じもします。


Young-G:ちなみに仏教の説法を音楽にした「仏教歌謡」っていうのがタイにはあるんですけど、「レー」といって、お寺のお祭りでコンサートをやったりするんです。教えをファンクみたいな演奏に乗せて歌うんですけど、もうほとんどラップなんですよ。ジャンルとして確立され始めたのは1940年代くらいかららしいんですけど、「レー」はそもそも「歌」ではなく「お経」みたいなものなので音程や歌い方が独特でめちゃくちゃトリッピーなんですよね。それと、「レー」は仏教経験を積んでいる人でないと歌えないといわれているんです。もともとタイにお寺が増えてしまって、お坊さんたちにどうやって人々に楽しく説法を聴かせるのかを考えたときに、そのままだと退屈するからバンドをいれてやってみたらどうかってことで、「パイプーン・ブットカン」というすごく有名な作曲家が、「説法に音楽を付けたらいいんじゃない」ってことで始めて、それが凄く人気が出て「レー」というジャンルになっていったらしいです。


―説法なのになんか楽しく聴けそうですね。


Young-G:タイ語で「サバイ」って言葉あるじゃないですか。「マイペンラン(問題ない)」と、「サバイ(心地よい)」はタイで重要な言葉。「サバくありたい」っていうのは、「心地よくありたい」ってことで、説法も聴いていると退屈になってくるから、サバくなんないの? って感じで、「レー」になったんだと思います(笑)。


―サバイってタイ文化を象徴する言葉ですね!


Young-G:この間あるインタビューで、タイの文化を一言でいうなら? と聞かれて、「サバイです」と答えたんですけど、暑かったら涼しいところに行けばいいみたいに、「サバイ」に対する情熱をタイの人たちから感じるんですよね。いかに自分たちにフィットさせるかじゃないですけど、ヒップホップって少しアメリカっぽ過ぎるから、自分たち(タイ)の音楽を入れちゃおうよって家にあった昔のレコードで作ってみたら、「サバーイ!」って自分たちの音ができてしまったんじゃないでしょうか。だから、タイのヒップホップ文化は、実は「サバイ」「マイペンライ」が重要だと思う(笑)。

サイヨーがヤバイのは、すべてブートレグだということ

―ところで、タイの若者たちは、本国の音楽に対する知識はかなり高いですか?

Young G:人にもよりますね。タイは実は世界一の格差社会なんですけど、貧乏人と金持ちの差がすごい。だから金持ちがいるエリアと、貧乏人がいるエリアとて別れていて。例えば、スクンビットっていう通りは金持ちの人たちが多くやってくる通りなんですけど、場所によってはDJがモーラムやサイヨーをかけると止めろと店の人に言われたり。

―最近サイヨーに興味があるようですが、どんな感じなのでしょうか。

Young-G:今、サイヨーの人たちのインタビューをとっているんですけど、警察から目をつけられていますね。モーラムが禁止されたときのケーンと言う楽器一緒なんですけど、サイヨーがヤバすぎて、みんながぶち上がって、ドラッグも蔓延してしまうという理由で、警察がどんどんパーティを潰し始めているという。

–サイヨー専門のクラブはあるんですか?

Young-G:あります。でもやはり、そちらもどんどん潰れていますね。サイヨーって名前が出てきて3、4年くらい経つみたいですけど、今はちょっと下火になりつつあるらしいです。今、タイは国をあげてヒップホップブームなので。何故なら、サイヨーよりもヒップホップの方が健全だからという理由みたいです。

―サイヨーのパーティでのドラッグが問題になっていると言っていましたものね。

Young-G:タイやラオス、だけでなく東アジア広域で、ヤーバーっていう粗悪な覚せい剤みたいなドラッグが流行って社会問題になっているんです。安いのでやりすぎて、それが原因で人が死んだりしているんです。それはタイだけではなく、ラオスやカンボジアも一緒で。ヤーバーが蔓延しているのが、サイヨーがかかっている箱が多いみたいですけど、サイヨーを聴かなくても普通にヤーバーをやる人がそもそも多いですからね。それとサイヨーがヤバイのは、すべてリミックスということなんです。要はブートレグで、ほとんどがEDMなどをサンプリングしているんです。例えば、iPhoneの着信音をサイヨーにしてしまったり。当然そんなのリリースできないから、ブートレグ以外にない。ある意味とてもDJ的な音楽だと思うんです。YouTubeにたくさん曲が上がっていますけど、基本的にサイヨーはDJ達がクリエイターからFacebookを通じてトラックを買うのが基本。そういった広められない理由や問題はいろいろありますけど、自国のEDMのスタイルがあってそれで現場が回っていることがすごいなと。

昨年、日本にも来日を果たしYoung Gや SOI48と交流を果たした、タイのDJ Jeffy & MC.Dragon。サイヨーをメインにしたライヴを行う。

―まだまだ掘りがいのあるので、やりたいことがたくさんありそうですね。最後に、今度の展望を教えてください。

Young-G:タイや東南アジアで学んだことや経験を、今後いろんなものに活かしていこうと考えています。実際にタイに住んでみて、日本のニュー・ルークトゥンって一体なんなんだろう、とかそういうことも考えるようになったんですけど、日本にも独自の素晴らしい音楽を作っている人もたくさんいる。向こうの音楽に触れて改めて考えさせられることがあったので、そこから何か生み出すことができたらと思いますね。

PROFILE:
山梨発ヒップホップクルーstillichimiyaのメンバーとして、プロデューサー、DJ、MCとして活動。これまでにNORIKIYO、BRON-K、般若、SHING02、鎮座DOPENESS、BOSS THE MCなど数々の作品のプロデュース、リミックスを手がけてきた。2011年よりアジア圏のヒップホップアーティストの招聘や普及活動に携わる。映像制作集団空族による映画『バンコク・ナイツ』では録音、楽曲を担当し、タイ、ラオスの撮影に同行。その後2017年より約1年間バンコクに在住。現地で、ラッパーJuuに出会い、2019年にEM RecordよりリリースされたJuu & G.Jee『ニュー・ルークトゥン』をプロデュース。Soi48、MMM(stillichimiya)と共にOMKとしてのDJも精力的に行いタイを中心とした音楽を紹介するトークショー「OMKミーティング(ワンメコンミーティング)」やADM(Asian Dance Music) と銘打ったDJパーティーも開催中。
TWITTER

Text & Photo:Kana Yoshioka

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!