svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ローランドのD-50がブティーク仕様となって再登場

ブティーク・シリーズに新たなラインナップ

Mixmag Japan | 19 September 2017

ローランドの「ブティーク」シリーズは、SH-101、909、808などのラインナップで既に大きな成功を納めている。同シリーズの最新作が、D-50シンセサイザーだ。

もともと1980年代後半にリリースされヤマハDX-7のライバルであった本機は、サンプリングとシンセサイザーの両機能を持ち合わせ、R&Bやポップスのアーティストにとって強力な武器として活躍していた。

ローランドによるとニューバージョンはD-50のサウンドを「完璧に再現」しており、オリジナル版に搭載されたすべてのプリセットを搭載、インターフェースの懐かしいジョイスティックも健在だ。一方、オリジナル版には非搭載だった64ステップのポリフォニックシーケンサー/アルペジエーターが追加される。

販売価格は49680円、USBまたは電池で駆動し、ほかのブティークシリーズ同様、内臓スピーカーを搭載する。

レゴウェルトがテストプレイする様子を、以下の動画でチェック可能だ。

[Via: The Vinyl Factory]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!