svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

TECH

THOMAS MELCHIORの機材が溢れるスタジオへご招待…

ミニマルのレジェンド、2015年「Liquid Moves」の制作秘話を語る

Mixmag Japan | 8 April 2018

最初からお聞かせください。

娘のMarleneがよくスタジオに来て、一緒にセッションっぽいことをやったんだ。彼女がマイクを握って、僕がキーボードとコンピューターを担当。娘は、「Liquid Moves」のセッションでは、すごいひらめきを感じる歌詞を1ページも書いて来てた。

それからどうしたんですか?

彼女の声をKorg Electribe EMX-1でプログラミングした、スウィングを効かせたビートとベースラインに合わせてLogic 9に取り込んだんだ。EMX-1は、即興のセッションやライブに最適な大きさなので、最近一番のお気に入りだよ。USBとMIDIでラップトップに繋がってて、いずれもSoundcraft Ghostのミキシング・コンソールに接続されている。

ヴォーカルがビートとベースラインに乗っていい感じにロックしたところで、Korgのステップ・シーケンサーを使って、追加のベースや中音域のリフを差し込んでいった。それで、頭と耳が納得するまでパラメーターをいじって…。続いては、古いRolandのJD-800を使って、オルガンの音をLogicに録音したんだ。後から音程やタイミングをちょっといじった。LogicのES-2シンセ・プラグインのオルガンの音と、Logicのプラチナム・リバーブを使ったよ。

それで曲はだいたい完成なんだけど、あとは音を全体的に太くするために、Korgの特定のMIDIチャンネルをEFM-1に繋いだり、ES-1に繋いだり…ドラムはTR 909につないで、EMX-1の内臓パーカッションと併用したよ。そして、娘の声はLogicのトランスフォーマーを使ってダークで、SF的なフィーリングを追加した。ここでもちょっとだけLogicのプラチナム・リバーブを使ったよ(お気に入りなんだ)。

コンプ等は、通常、最後の最後まで追加しないんだ。普段はダブプレートやマスタリングのタイミングだね。でも「Liquid Moves」では、タナカ・フミヤ氏に手伝ってもらって、Neve 2254リミッターで音を太くするとともに、温かみを追加してもらったよ。

Thomas Melchiorのスタジオ・セットアップは、以下の写真にてチェック。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!