svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

REVIEWS

世界的DJ/プロデューサーも喝采を送る「AIAIAI」がスタジオ用のヘッドフォンを8月末に発売!

BonoboやMarcel Dettmann、Charlotte de Witteらも愛用

Mixmag Japan | 17 August 2021

AIAIAI, AIAIAI ヘッドホン, mixmag

ステイホームが始まって、家から出る回数が激減した頃だった。2020年の夏、〈AIAIAI.AUDIO〉というポッドキャストからMars89のミックスがリリースされ、その内容が気に入ったのでしばらく聴いていた。営業を再開するベニューも散見されたが、個人的なムードとしてはインナーな世界観を嗜好していたような気がする。ゆえに彼のIDMライクなミックスがしっくり来た。

その後もShy OneHAAiなど、カッティングエッジなDJのミックスが続々とアップされ、筆者はすっかりこのポッドキャストの常連リスナーとなっていた。最近ではドイツのテクノデュオ・FJAAKのミックスがアップされており、やはりこちらも大変素晴らしいと感じる。

しかし当初はこのポッドキャストと、デンマークのコペンハーゲンにある同名のオーディオメイカーが同じ組織であると認識していなかった。ロゴも同じなので筆者の不注意が主因なのは間違いないが、それほどポッドキャストのイメージが強かったということでもあろう。両者が一致したのは、AIAIAIが〈Ninja Tune〉とコラボし、世界初となる“売れ残ったヴァイナル盤”を再利用したヘッドフォンを開発したときだった。

TMA-2 Ninja Tune Edition ワイヤレスヘッドホン

関連記事: ヴァイナル盤をリサイクルして作られたヘッドフォンが登場

そしてこの度、AIAIAIから音楽クリエイターのためのスタジオ制作向けヘッドフォン「TMA-2 Studio」と「TMA-2 Studio XE」が新たに登場する。同社の「TMA-2」シリーズは、Richie Hawtin、Bonobo、Kaytranada、Marcel Dettmann、Charlotte de Witte、Benji Bなどの世界的アーティストに愛用されてきた。

AIAIAI, AIAIAI ヘッドホン, mixmag

AIAIAIのヘッドフォン「TMA-2」シリーズの最大の特徴は、イヤーパットやケーブルはもちろん、ヘッドバンドからサウンドユニットまで、すべてのパーツが交換・カスタマイズ可能なことである。購入時には各パーツがモジュラー式(個包装の部品やユニット)になっており、購入者は自身で組み立ててヘッドフォンを使用できる。

パーツごとの購入も可能で、DJの現場~音楽制作、リスニング用途まで、その時のニーズや条件に合わせて製品をアップグレードでき、また部品交換も容易なのでヘッドフォン本体を長く愛用できる。

この「モジュラーシステム」はAIAIAIの環境に配慮した責任あるものづくりと、大切に使い続けるというブランド哲学に基づいていている。時代や技術の変化があるたびに新商品に買い替えるのではなく、長く使い続けることで資源の無駄を減らし、環境負担を軽減。先述のNinja Tuneとのコラボ製品と同様、サステナビリティへのこだわりが感じられる。

AIAIAI, AIAIAI ヘッドホン, mixmag

私たちは、成長する音楽クリエイターのコミュニティに刺激を受けています。音楽制作を始めるハードルは、かつてないほど低くなっています(極めることは相変わらず難しいですが…)。私たちは「TMA-2」の受賞歴を誇る快適さと音質を維持しつつ、軽量で多目的に使える製品を提供することで、成長するコミュニティをサポートするオーディオ製品を作りたいと考えています。 – フレデリック・ヨルゲンセン(AIAIAI、共同創設者)

創設者のステートメントを読む限り、筆者のような人間がAIAIAIに惹かれるのはなかば必然だったような気もしてくる。素晴らしい音楽を求めてインターネットの大海をさまよう内に、ポッドキャストにたどり着いた。好きな音楽が一致するだけで、遠い海を越えて名も知らぬ人たちにシンパシーを感じることがある。クラブに行くモチベーションも、得てしてそういったコミュニティへの参加欲にあるのではないだろうか。その点では、AIAIAIはオーディオメイカーというよりも、文字通りコミュニティをサポートすることに使命感を持つ組織なのかもしれない。


Text_Yuki Kawasaki

■ AIAIAI – TMA-2 Studio/Studio XE
商品名:TMA-2 Studio
販売価格:25,800 円(税込)

商品名:TMA-2 Studio XE
販売価格:19,800 円(税込)

2021年8月下旬頃に国内発売予定

*「TMA-2 Studio」ヘッドフォンをご購入の方は、Serato社の音楽制作DAW「Serato Studio」の月額メンバーシップが、期間限定で無料利用いただけます。
<製品詳細>
https://www.soundhouse.co.jp/material/aiaiai-tma2studio/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!