svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

THE LAB

Mat Zo in The Lab LA

原点回帰のド直球ハウスミュージック

Mixmag Japan | 29 June 2018

Mat Zo, the Lab LA, mixmag

The Lab LAは、MixmagとWAV’sが共同で提供するウィークリーのライブ・ストリームである。音響周りを担当するのは、サウンドシステム業界で最先端を行くVoid Acousticsだ。ロサンゼルスのダウンタウンより、ナイスなDJたちによる珠玉のプレイが配信される。今回は、ロンドン出身の気鋭プロデューサー / DJのMat Zo(マット・ゾー)が登場!

ポーター・ロビンソンらと共にかつてはEDM文脈で台頭した彼は今、シームレスにジャンルを横断しながら制作活動を続けている。トランスやハウス、テクノを包括的に解釈する様は、2010年代後半の音楽シーンを体現するかのようだ。最新EPの『This Is A Mad Zoo House』では、彼の原点とも言える「ド直球なハウスミュージック」へと回帰した。「昔ながらのやり方ではあるんだけど、サンプリングでみんなが使うような音源は使いたくなかった。だから今回はインターネットの海を血眼になって素材を探したよ。多くの人が通り過ぎる音に、新しい命を吹き込みたかったんだ」。

Mat Zo – 『Bad Posture』

聴きやすく、親しみのあるハウスミュージックではあるが、そこには確かな情熱がある。このアーティスト然とした態度こそ、彼の音楽家としての魅力だろう。DJもまたしかりである。

MAT ZO filter house set in The Lab LA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!